保育所が抱える問題
待機児童
全国で、保育所に入りたくても入れない子どもの数は、200万人前後だと言われています。色々な対策を立てては実行している中でもなかなか減らない待機児童ですが、いったいどのような背景があるのでしょうか。

待機児童が減らない一番の理由は、保育士の数が増えないことです。保育士の待遇面である賃金や労働環境が良くないので、どうしても離職率が増えてしまいます。毎年、国家試験の合格により、相応の保育士が誕生していますが、離職率が高いので、潜在的に資格はあっても業務はしないという保育士が増える一方です。キャリア形成という面でも保育士は、築きにくいと言われていますので、モチベーションの維持がしにくい職業だといえます。こういったことは、改善が考えられていて、保育所単位で取り組まれているところも多いです。それは、保育士の給与面の改善、有給休暇の取得率向上、研修制度の充実などですが、徐々に変化の兆しを見せつつあります。

他にも近隣の住民から、保育所の建設反対もあり、なかなか保育所が増えずに足りない状態が続いています。保育所の必要性を訴えることや保育士の社会的地位の向上を目指すことが、待機児童減少にもつながるのではないでしょうか。