保育所が抱える問題
保育士不足
保育所の問題として、よく言われているのが、保育士不足です。保育士は、保育所にはなくてはならない存在です。箱ものである保育所(園舎)を建設しても保育士がいないと保育所の運営は難しいです。

それでは、なぜ保育士の不足が叫ばれているのでしょうか。この仕事は、とてもハードであり、給料が安いという状況だからです。ハードな仕事とは、保育士は単なる子守ではなく、育児のエキスパートです。子どもの成長を見守り、生活に困らないような躾を行ってくれます。本来、家庭で保護者がやらなければならないことを保育士が代行してくれるのです。保育時間中は、つきっきりで子どもたちに寄り添い、お昼寝が始まると保護者への連絡帳を記入し、雑務をこなします。お昼寝が終わると再び、お帰りまでは子どもたちと休む間なく接しなければなりません。休憩時間も満足に取れず、その上、給料も大学の初任給のはるか下の額しか支給されないので、生活をしていく上での不安から、離職する保育士も少なくないです。

保育士の離職を止めるためには、一番は給与体系の見直しでしょう。施設によっては、残業代が支給されないところや有給休暇が取りにくいところも多いです。働く保育士が働きやすい環境を整備することが、保育所の問題を一歩なのではないでしょうか。