保育所が抱える問題
保育所の問題
仕事を持つ方が、保育所に子どもを預けられないと仕事に行かれないので困ってしまいますよね。保育所は、待機児童の問題がクローズアップされていますが、保育施設の不足だけが待機児童を発生させている理由ではありません。この記事では、保育所の抱える問題を考えていきます。

まず、保育所の施設が足りないことが待機児童を生み出していると考えられます。常時200万人前後いるとも言われている待機児童に居場所を与えようとした結果、こども園という施設が誕生しました。これは、幼稚園が保育園の子供も預かる。保育園も幼稚園の子供も預かる。というように2施設がちょうど中間の位置づけを取り運営をしています。預かりの時間も親の仕事の有無で変わるため、料金形態の違いともに不公平感が拭えませんが、すり合わせをした結果の施設ということもあり、概ね好評に運営されています。

そして、待機児童を生み出している状況は、保育士の仕事離れにも通じています。保育士の報酬は、とても安いためにキャリアの形成を諦めてやめてしまう場合が多いのが問題になっています。子どもを保育するという大切な責任のある仕事なのに、給与ではなかなか評価されていません。保育所の主任クラスに出世しても状況はあまり変わりません。むしろ、責任の方が強くなったような感じがします。このように待機児童の問題を考える際には、保育士の雇用問題などの待機児童を取り巻く状況を解決していかないとならないと言えるでしょう。


▼外部おすすめリンクはこちら▼
保育士不足という状況を受け、保育士の需要は高い傾向にあります。現在保育士の仕事を離れているという方でも、転職サイト「保育ぷらす+」を利用すれば細かい条件の中から選べるので、復帰して働くこともできるでしょう ⇒ 保育ぷらす+